給湯器の水漏れの原因と解決方法

給湯器の水漏れの原因と解決方法 毎日使う給湯器が故障してしまうと不便な生活を強いられるのは間違いありません。さらに、そのまま放置してしまうと危険な場合もあります。早めの対応が必要であるものの、何が原因で給湯器の水漏れが起こっているのか、そして解決するための方法は何かを考えるのが大切です。自分では原因を特定するのも解決するのも難しいと考えることはありません。実は簡単に直せる場合も少なくないです。



■水漏れの原因を探る

給湯器からの水漏れの原因は多岐にわたっているものの、ひとつひとつの可能性をひも解くことで特定できます。まず考えるべきは経年劣化です。使用してから7年以上経っていると部品の劣化によって水が漏れてしまうことは少なくありません。経年劣化が原因の場合は部品の交換で修理も可能です。しかし、使用して7年以上経過している場合は給湯器の寿命と考えて本体を交換することを考えるのがよいでしょう。配管の凍結が原因となることもあります。気温がぐっと下がる冬場の場合は特に多く見られます。配管が破裂してしまった場合は専門業者に依頼しての対応が必要です。あまり多くはないものの、設置時における取り付けミスもないわけではありません。設置して間もない場合は取り付けを行った業者に連絡をすれば無料で対応してくれます。

■交換する場合の費用について
給湯器から水が漏れている場合、部品交換で対応できる場合もあれば、本体の交換が必要な場合もあります。交換費用を惜しんで水漏れを放置することは非常に危険です。内部でガスの不完全燃焼が起こる可能性があり、一酸化炭素中毒を引き起こすことも考えないといけません。一酸化炭素はにおいがなく、自覚症状がないのが厄介です。最悪の場合は死に至ることもあります。給水バルブを閉止して早めの対応を心がけましょう。
交換にどれぐらいの費用がかかるかは、お湯張りや給湯のみが可能なタイプや、自動で追い炊きができるものなどこれまで使用していた給湯器のタイプや性能によって大きく異なります。給湯器交換の際は、機能や号数などのポイントを加味したうえでの選択をするのがよいでしょう。

■冷静な対応を心がける

給湯器からの水漏れは冷静な対応を心がけるのが非常に重要です。お湯が使えないだけではなく、一酸化炭素中毒になってしまう可能性もあります。ずっと放置しておいたばかりに起こってしまうことであるため、水漏れを確認したときは落ち着いて対処をしましょう。そして、部品交換で対応できるのは経年劣化の場合に限るということも考えないといけません。経年劣化をしているということは、すでに7年以上使用してから経っていることもあります。その場合は給湯器の交換も視野に入れていかないといけません。配管が破裂してしまった場合においてもそのまま放置せずに専門業者に依頼しての対応が必要となります。どういった対応をするにしても冷静であるかどうかが大切です。交換をする場合は自宅に合ったものを選択するのが鉄則であり、余計な経済的な負担がかからないようにすべきです。もちろん、優良な専門業者に依頼するということも考えるべきで、複数の業者に見積もりを依頼するのがよいでしょう。

■まとめ
給湯器の水漏れの原因を把握したうえで、どういった解決方法があるかが分かったはずです。注目すべき点となるのは経年劣化の場合は部品交換で対応が可能であることです。専門業者に依頼しての対応が必ずしも必要というわけではありません。しかし、ほかの原因の場合は専門業者に依頼しての対応が基本となります。本体を交換する場合はやはり多額の費用がかかることを視野に入れておいた方がよいでしょう。冷静な対応を心がけて余計な費用がかからないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース