給湯器からの水漏れは応急処置を行うことを意識

給湯器から水漏れをしたときにどういった対応をしてよいか迷ってしまう方も少なくないはずです。しかし、これ以上被害が拡大しないように応急処置を行うことは意識した方がよいでしょう。具体的に何が応急処置に当たるのでしょうか。

■止水栓を止めるだけ

給湯器からの水漏れの応急処置は止水栓を止めるだけにしておきましょう。激しく水漏れをしているときにはパニックになってしまうことも少なくないものの、まず水を止めることに専念すべきです。また、給湯器は水とガスを使っているため、ガスも一緒に止めておくのがよいといえます。
修理に関しては専門業者に依頼しての対応が望ましく、自分で処理を行うと費用が高くつく場合もあります。古くなった給湯器は触らないにこしたことはなく、下手にいじるのは危険です。


■必ず業者に連絡を

給湯器からの水漏れを確認した場合、漏れている水で部屋の中を水浸しにしてしまわないようにタオルや新聞紙などで応急処置をしましょう。
水漏れの原因として、経年劣化や凍結による配管の破裂などが考えられます。いずれにしても本体の交換が必要となるケースが多いです。修理もしくは交換になるかはともかく、その判断は業者に任せるべきです。



■まとめ
給湯器からの水漏れは、内部で不完全燃焼のようなトラブルが起こる可能性があるため、自分で対処できるものではありません。応急処置を行うことは間違いではないものの、方法を間違えてしまうと逆効果につながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ