給湯器からの水漏れ!買い替えを検討すべきタイミングについて

給湯器からの水漏れが発生した場合、本体の買い替えを検討した方がよい場合もあります。具体的な目安となる数字について把握していきましょう。

■給湯器の耐久年数

給湯器の耐久年は10年~15年といわれており、10年以内には何かしらの故障が起こって新しいものと取り換えることが多くなります。使用環境の違いによって寿命は変わるものの、7年以上経過した場合は部品の在庫がない場合も多くなるため、交換を意識した方がよいでしょう。交換をせずとも修理すれば普通に使用できる場合もありますが、問題となるのは何度も給湯器からの水漏れが起こることです。本体を交換することによって安心できる理由となるのは間違いありません。


■給湯器を買い替えるタイミングについて

給湯器の買い替えを考えるタイミングとしては、給湯能力が低下やガスの臭いといった異常、排気口近辺の黒ずみや異常音といったトラブルも一つの機会でしょう。
本体の状態によっては、修理と交換で負担額に開きがないことも少なくありません。本体のラインナップも充実し、燃焼効率が高くなり、あるいはエコで省エネに特化した製品も豊富です。年間のガス料金の節約という意味においても新品に交換することに意味があります。



■まとめ
給湯器から水漏れをする場合は買い替えも考慮した方がよいでしょう。使用し始めてから7年以上経過するとどうしても故障することが多くなります。本体を交換した方が総合的に考えてお得となることも少なくありません。使用年数と修理費用のバランスを考えるためにまずは見積もり依頼をした方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ