給湯器の水漏れは施工不良の可能性も

給湯器から水漏れするトラブルが起こった時に考えられる原因と、実際に発見した場合に、まず行うべき対処方法をご紹介いたします。

■長期間使っていなかった

しばらくお湯を使わなかった、旅行や出張等で長い間使わなかった時に、いつの間にか水漏れが発生するケースがあります。長い間使用していないと、内部の圧力が高くなります。その場合には減圧をするために、水抜き栓から水が出てきます。この状態を見て、何らかのトラブルとだ思われる方も少なくありません。
水漏れをしていても一時的なもので、給湯器にエラーなどが表示されておらず、その後は通常通り水を使用できるのであれば、故障ではありませんので、そのまま使用しても問題がありません。ただ、その後も何度も水が排出されてしまうようであれば、故障をしている可能性が高いと思われますので、専門の修理業者に相談依頼を行いましょう。

■施工不良による問題

新しい給湯器を使い始めたばかりなのに、水漏れが起こってしまった場合は、設置をした時の施工不良である可能性が考えられます。給湯器を設置する際に、配管の接続がしっかり行われておらず、トラブルが発生するのです。この場合は、速やかに取り付けの工事をした業者に相談をして、点検修理を依頼しましょう。




■まとめ
給湯器は使用状況などによって水漏れにはいくつかの原因が考えられます。一見すると故障に思える水漏れでも、実際には問題なく使えるというケースもあります。慌てずに対処をするようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ