凍結によって給湯器が水漏れを起こした場合の対応

冬場の寒い時期に給湯器が凍結によって水漏れを起こすことがあります。凍結防止のヒーターが働いている給湯器であっても、寒くなると凍結が起こる可能性があります。もしも凍結によって給湯器が水漏れをした場合にどういった対応をすればよいかをひも解いていきましょう。

■蛇口から水が流れている場合は凍結していない

給湯器が凍結するとお湯が出なくなるため、お湯の蛇口から水が流れた場合は凍結していないと判断することができます。しかし、お湯を出そうとしても蛇口から水が流れない場合は、凍結していることが考えられます。そのような場合は、気温が上がって氷が溶けるまで待つのがひとつの方法です。短時間で解決したいのであればパイプが見えているところに50度程度のお湯をかけてみましょう。この時に熱湯をかけてしまうとパイプにダメージを与えてしまうため、注意が必要です。


■給湯器の凍結予防について

給湯器の凍結を予防するためには、パイプ部分の保温効果を上げるのが効果的です。しかし、給湯器が屋外にある場合は凍結を完全に防止するのは困難です。多めの断熱材でカバーするなど、ある程度は凍結を防ぐことはできても、完全に防ぐのは難しいといえます。気温が冷え込むことが予想される場合は凍結しないようパイプ内の水を抜いておくことが大切です。



■まとめ
給湯器が凍結によって水漏れを起こした場合は専門業者に依頼するのが望ましいです。まずは本当に給湯器が凍結によって水漏れを起こしたかを確認するのが先決です。さらに、寒い季節のために給湯器の凍結予防についてもしっかり頭に入れておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ